冷拉钢の热処理方法
発表日:2018-11-27       クリック数:1071       
熱処理の方法:


1。正火:钢材または钢材を临界点ac3またはacm以上に加热して一定の温度を保った后に空気中で冷却して、珠光体系组织の热処理プロセスを得る。


2。退火annealing:亜共産主義青年工作物をac3以上の20 ~ 40度に加熱し、保温時間を一定時間した後、炉に沿ってゆっくりと冷却する(あるいは砂の中や石灰の中に埋設して冷却する)熱処理プロセス。


3。■固溶热処理:合金を高温単相区の恒温まで加热し、过剰相をしっかりと固溶体に溶かし、その后、急速に冷却して、过饱和固溶体の热処理工程を得る。


4。时効-合金が固溶热処理するあるいは冷塑性変形した后で、室温が置くかをすこし上回っている时、その性能は时间と共に変化する现象。


5。固溶処理:合金の各种を十分に溶かす、固溶体を强化强靱性と耐食性を高め、応力と軟化を取り除き、さらに加工成型を継続させる。


6。時効処理:解像度の温度加热と保温を强化し、沈殿率を强化して、硬くなり、强度を高めます。


7。焼入れ:钢奥氏体化した后、适切な冷却速度で冷却し、断面积の内全部あるいは一定の范囲内に、マース体などの不安定な组织构造を転换する热処理技术を発生させる。


8。焼き戻し:焼入れを受けた工作物を、临界点ac1以下の适切な温度に一定时间かけ、その后、要求に合う方法で冷却し、必要な组织と性能の热処理プロセスを得る。


9。钢の炭素窒素が共通ににじみ:炭素窒素が共通に染みるのは、钢の表层へ一度に炭素と窒素に浸入する过程である。一般的に炭素が共通に染み付いていることを青化といい、温温ガス・炭素が共通に染み付いていることと低温ガス・炭素窒素が共通に染み付いていること(すなわち気体の软窒素化)が広い応用をなす。中国の温度の炭素の共通の目的は钢の硬度、耐磨性と疲労强度を高めることです。低温ガス・炭素は共通にタフトライドを基にしており,その主な目的は鋼の耐磨性と耐咬合性を高めることである。


10。调质処理(quenching and tempering):一般的な习惯は、焼き入れを热を入れて、焼き直しをする热を処理することを、调质処理といいます。調質処理は、様々な重要な構造部品、特にハイブリッド、ボルト、歯車、軸類などに広く適用される。调质処理した后、ブースターの组织に戻ります。机械の性能は、同じ硬さの正火ソルトレークシティーより优れています。その硬度は高温回火温度に依存してそれと钢鉄の回火安定性と断面寸法と関系があり、一般にhb200 - 350の间で。


11。ロウ付け:カツンで二つの工程を热で溶かして溶かして组む热処理工程。
政府筋の微信
オンライン相談