会社のプロフィール

        遼寧信達利型鋼有限公司は2007年に設立されました。(前身は1988年に設立された瀋陽市北方冷拉型製鉄所です。)会社は2006年に四千万元を投資して遼寧省鉄嶺市懿路工業園区中央大街9号の本社生産基地を建設しました。敷地面積は30000㎡に達しています。工場の建設は冷抜熱処理場、銀亮鋼工場、共同引き抜き工場、研究開発センターを含み、瀋陽市で洪区の造化鋼材市場にマーケティングセンターを設立する。

        長年の発展を経て、先進的な設備によって、完備した研究開発生産メカニズム、遼寧信達利型鋼有限公司はすでに東北最大の冷熱処理鋼材生産加工基地の一つとなり、年間生産能力は30000トン以上に達しました。2002年にISO 9000品質体系認証を取得し、2014年にGJB9001B-2009中華人民共和国軍用標準認証を取得しました。主な生産品には、冷拉円鋼、冷拉方鋼、冷拉扁鋼、冷拉六角鋼、冷拉異型材、銀亮鋼などがあります。



        遼寧信達利型鋼有限公司は現在直条引抜機7台を組み立てています。自動電気はストーブ7台をキャンセルして、直条丸投げ機2台、円投げ機3台、無心旋盤4台となっています。Φ10-Φ50校直ローラー5台、Φ20-Φ80校直ローラー2台、日本十ローラー校直機1台、研削盤10台などの設備がない。8トンの共同引抜生産ラインを持っています。10トンは共同で2本の独立生産ラインを引き抜きます。同時に巻物を開けて、初めに矯正して、引き抜き、矯正して、定尺を切って、材料を送ります。研磨または圧光して、矯正して、完成品を集めます。

        先進的な製造設備及び完備した全自動化製品の生産ラインは、製品の高精度、高品質を保証するとともに、生産効率を高め、製品の持続的な安定供給を保証しています。現在、弊社が加工した製品はわが国の軌道交通、自動車製造、農業機械製造、電気部品製造、風力発電などの分野に応用されました。2007年に世界の自動車部品二級のサプライヤーである日本の森本精密機械有限公司と戦略提携し、他の一部の製品も韓国、日本、東南アジアなどの国への輸出に成功しました。

        会社の従業員は80人がいます。その中に工程技術者は15人で、中級以上:8人で、各大手冶金企業から13人の高級技術労働者を採用しています。5 S管理システムを推進し、資源の有効管理と配置を実現し、全従業員の規範操作、生産効率の向上、製品品質の確保などの管理目標を達成しました。各工場から出荷される製品はすべてお客様のニーズに合っており、品質基準を満たしていることを保証します。

        遼寧信達利型鋼有限公司は特殊鋼型材料の生産技術の研究開発、コンサルタント式生産サポート、製品のアップグレードの最適化という三つのプレート革新式のアップグレードに力を尽くしています。「お客様の注目を集める挑戦と圧力を受けて、競争力のある特殊鋼型材料の応用解決案とサービスを提供し、お客様の価値を創造し続けています。」の使命を着実に経営し、鋭意前進を求める。

        企業の発展と同時に、遼寧信達利型鋼有限公司は、広大な事業は従業員の勤勉と知恵によって、会社の発展はパートナーの支持に頼っていることをよく知っています。神州の広大な汇汪洋、コンは鵬を越えて空を飛ぶ」ということで、品質の道に向かって努力します。

        社会各界の新旧の友人の誠実な信頼と支持に心から感謝します。




政府筋の微信
オンライン相談